本文へスキップ

新未来アーチストが、新しい視点で世界ステージを未来アートで演出する。

SHINMIRA ARTIST

プロジェクションマッピングの特徴

この技術はプロジェクターを使用して建物や物体をスクリーンにして映像を投射する事で
新しいビジュアル映像表現を映し出します。そのスクリーンとなるものは大型建築物から
部屋の壁など小さなものなどありとあらゆる物を対象とし空・海・グラウンド・森林・滝・
車・人間など今までは映像コンテンツとの融合が考えられなかったものにまで及びます。
3Dプロジェクションマッピングを2D映像投影する場合と投影する物体の立体的特徴を
生かして3D映像を投影させることで今までと違った視覚で驚くべき世界を出現させます。
絶大なる迫力を持つ3Dプロジェクションマッピングは、観る人すべてに感動を与えます。
ライブ・コンサート・演劇・企業プロモーション等で芸術と広告エンターテインメントの
映像作品の空間演出とし無限大の可能性を秘めています。
新未来は、このプロジェクションマッピングを企画提案・技術開発してきました。

お知らせプロジェクションマッピングの演出とフィールド

『映像空間と音楽』『光』『水』『風』『炎』『霧』『人』の融合演出

 アート・ビジネス・広告・教育・福祉 ・観光・地域社会・伝統芸能





新未来3Dアートプロジェクトは、新感覚のメディアへのアプローチ

新未来3Dアートのコンテンツの魅了は制作費用を考えると、テレビCMで期間や回数が限定に対して、その効果や話題性は作品の新しさやクオリティの高さが上がる程インターネット環境のもとWeb(Youtubeなどの動画サイト)上での高い閲覧数が期待できてパソコンやスマホのSNS連携で半永久的な持続性の高い広告映像ともなります。
新未来3Dアートプロジェクトは1台から複数台のプロジェクターの空間デザインとしてグラフィック・建造物・造形物と演者による人間と映像の融合のエンターテインメントに力を入れ人々を魅了しクライントの目的達成する企画と良質なコンテンツの制作の実現を心がけております。
近未来に起こりうることよりも新しい未来感覚を提供すべきアートにおけるアプローチです。
    

新未来アーチスト