本文へスキップ

映像企画制作



「映像制作=打ち合わせ⇒企画書・台本制作⇒撮影⇒映像編集⇒音楽ナレーション収録⇒完成」


1.打ち合わせ

初回の打ち合わせの際に映像を作るに当たり「目的」「内容」「納期」「予算」をお客様に対して@Aの項目のヒアリングシートで質問させて頂き、全体の映像仕上がりの方向性を探ってイメージにあった映像制作をご提案させていただきます。
@像制作する経緯・効果・目的「貴社の業務内容、商品・製品の特徴」「今回の映像制作のターゲット」「映像制作をすることになった経緯」
A映像の仕様項目「企画書の有無」「撮影の有無(素材ある場合)」「映像の長時間」「撮影の期間」「映像編集に関する映像のデザイン、 タイトルの要望」「音楽の有無(著作権フリーの素材集から利用)」「ナレーションの有無(原稿の作成から収録まで依頼)」「希望の納品日(制作期間)・納品形態について (DVD枚数・HP用FLASHやJPG形式)」「制作予算」など
※お客様自身で企画書や関連書類・資料・簡易シナリオ等を事前に用意していただけると制作日数の短縮で短期の納期と同時にコストを抑えることができます。 ※テレビ局の編成局が、編成会議でどの時間帯に大体どんな内容の番組を放送するかを決めるので、企画も編成局が認めないとNGになることもある。
※制作プロダクションが、企画会議でディレクターや放送作家(企画構成作家)が番組のアイディアを練り、その時にメインキャストを決まる。(元々決まっている事もある) 
※テレコ!(テレビ番組の地上波・BS・CSの過去から未来まで検索できるサイト)で、情報収集を先にしておくと企画が通りやすい。


2.企画書・構成案
テレビ局やクライアントとコミュニケーションをとりながら、求められているニーズを適確にキャッチして、どのような映像・番組を作るかを 企画書(全体の内容テーマ・イメージ)と構成案(コンセプト・映像をいかに見せるかのポイント・スケジュール)を作り、企画提案します。
リサーチ
企画が決まったらテーマに沿って必要な情報を関係者やインターネット・雑誌・書籍・資料・新聞・電話などを使い情報の信憑性を確認しながら情報収集します。また、リサーチャー(リサーチを専門に行う人)に依頼したりします。
キャスティング
映像・番組の企画のイメージに合った出演者をリストアップして、メインキャストを元にサブキャストなどのタレントや俳優などにオファーして スケジュールや内容・予算(ギャラ)などの出演交渉を芸能事務所・マネージメント会社等と行います。
見積り・スケジューリング
内容が固まった時点で、納品までの作業スケジュールを作成し必要な経費を見積もり、クライアントと予算の交渉を行います。
シナハン(シナリオハンティング)
ライター(脚本家)が映画やドラマの物語のシナリオを書く前に舞台となる土地を訪れてシーンを決めながら構築する作業です。
ロケハン(ロケーションハンティング)
リサーチして固まった構成を元に取材先・撮影現場に行って情報を確認します。そして具体的にどのようなものを撮影するか交渉します。実際に現場(撮影場所)へ下見しに行って、どのように撮影するのか、何を撮るのかなどを様々な条件を考慮しながら演出・技術両面から 検討して決めていきます。また、ロケ当日に取材させていただく方々に直接会い、番組のテーマ・目的・ロケについて詳しく伝えます。

3.台本制作(シナリオ制作)
企画案・構成案・リサーチで得た情報・シナハンによる集めた情報・ロケハンで事前取材で現地訪問により具体的で詳細な正確な聞き取りから具体的かつ実現可能な撮影スケジュールを組み映像制作上、もっとも重要なシナリオ(台本・脚本)を制作します。
プレゼン(プレゼンテーション)
台本をテレビ局やクライアントにプレゼンして、更に企画を練り最終的な構成台本が決まります。 調べた情報を基に企画をプロデューサーにプレゼンしてOKなら開始。もしNGならもう一度企画を練り直し再度プレゼンします。
撮影準備・取材手配・スタジオ手配・出演者の手配
3CAMでTV収録の場合、スタッフ編成(演出・制作・技術・撮影・音声・照明・美術・ヘアメイク・スタイリスト含む)手配や撮影場所の許可・セット・大道具・小道具など美術・装飾・持道具・衣装・消え物(飲食)の手配、CGの手配など撮影の前には様々な準備・手配が必要です。 撮影進行用として、出演者とスタッフの香盤表(出演出番・登場時刻・シーンのスケジュール表)・ロケ場所の案内地図等を作成します。

4.撮影・T V 収録
撮影現場は、各スペシャリストのスタッフと協力し合い、能力を最大限発揮させながらディレクターが演出して構成台本に沿って撮影をします。
※ドラマ等は、ロケ地や天候など様々な状況変化に対応できるように撮影スケジュールの順序が変わることがあります。
スタジオ
テレビ局や専用スタジオに美術セット(オリジナルセット)を組み、スタンダードカメラという大型カメラを複数使って映像をスイッチングしながら台本に沿って番組を収録します。収録前にスタッフで台本等の打ち合わせやカメラリハーサルを行い各自の動きを確認し撮影を行います。
※ドラマは、ドライ(TVカメラを回さずに段取りの確認)→カメリハ(TVカメラで実際に撮影しながら行う)→ランスルー(中断せずに本番で放送される分を通して行う)→本番の順番で進行
ロケ・中継 =VTR(録画)とLIVE(生放送)の2つのスタイル ENG(小型ビデオカメラとVTRを組合わせたテレビ電子式ニュース取材方式)のロケものと中継車を使用し一度に複数のカメラで映像作りをしていく中継があります。ENG(electronic news gathering:エレクトロニック ニューズ ギャザリング) ※特にCM撮影などの場合は、商品撮影専門の照明技師が加わる場合もあります。 ※ドキュメンタリーのような不確定要素の強い番組では構成案のまま撮影をすることもあります。
※素材収集で撮影を行わない場合は、お客様の方で選定・提供できる既存の写真素材(画像データ)・写真やパンフレットや印刷物などに関しては、スキャニングして映像に取り込み作成します。または、フリーの写真素材や映像素材で構成してきます。

5.映像編集
オフライン作業(仮編集:粗編集)

編集プロダクションで、撮影した映像の素材・収録データをシナリオ構成台本の時系列に基づいて、テーマやコンセプトから外れないようにいる部分といらない部分を切ったりつなげたりする撮影素材を単純にカット編集してテロップをのせるだけのシンプルな編集作業から、 編集ソフトを使用して必要に応じてより詳しく物事を説明するため、パソコンで文字スーパーや画面の加工を加えてCG(モーショングラフィック)制作を駆使した比較的合成が多い編集作業まで映像部分を仮編集作業します。(※画面の比率についても注意が必要) ※構成案で撮影に入った場合はナレーション台本を同時に作り、すでに台本がある場合も編集に合わせて収録台本をナレーション台本に修正していきます。
第一回試写
初回編集分を試写して、全体の映像の印象・表現・文字・内容等の確認をした、問題ある部分をご指摘いただき修正の準備をいたします。また、ナレーションがある場合は、仮ナレーションが入っていますので、実際のナレーション収録のためのナレーターの候補を提出します。 ※試写の結果、文字の修正や画面の入れ替えは簡単に行うことができますが、全体の構成の修正など大変厳しいご要望は余分なコストが掛かりますのでご注意ください。 ※第二回試写の結果を受けて、更に表現や文字等の間違えがないかを綿密にチェックして最終試写にむけて修正・微調整を行うが、修正個所が増えるとコストも増えます。 本編集オフラインで編集した素材データを基に映像をつなげて仕上げ作業です。予め決められた時間に収まるように最終的な時間調整をしていきます。プレビューで編集カットが決まったら編集室と呼ばれる作業場で、キャプション (字幕一般の題名や説明等で用いる文章) ・タイトル(一般字幕)・テロップ(映像に重ねる文字や図)・スーパーインポーズ(映像に図や文字や他の映像を重ねる)・字幕スーパー(スーパーインポーズでつけられた字幕)をエフェクト(擬音効果)を使って映像の加工やスーパーなどを入れたりして情報・コメントを貼り付けます映像だけでは伝わりにくい情報などの補足を映像の加工をして本編集します。 ※テロップ=テレビ画面大の1枚のカードに文字・写真・図形・絵などを示した画像を中断して挿入します。(例:解説やお知らせなど) ※スーパー=文字・図形・絵などですが、画像に重複して挿入する手法で画像の横や下にその画像を説明する文字(例:人名・場所)

6.M A(Multi Audio)
録音スタジオで音声を映像に合わせて整音し、臨場感を与える効果音・BGMの音付けの作業です。 その後ナレーター・アナウンサー・声優・タレントが入ってナレーション原稿を読み、その話し方の印象や言い回しなどをチェックしていただき、 語尾や一部のナレーションを変えるなど、細かい調整を行いながらナレーション収録して映像と合わせていく作業です。
プレビュー 
編集したVTRをテレビ局やクライアントに見せる完成試写で最終確認して、そこで問題がなければ発注者へ納品します。

7.完成・納品
ご要望の納品形態にあわせて、放送局用マスターテープ・PC用やWEB用に映像データ・BR・DVDでの納品になります。 制作には様々な工程がありますので、どの工程を委託するか、求めるクオリティなどによって予算・内容・納期(制作期間)は異なります。 お客様のニーズに合わせてフレキシブルな対応をさせて頂いております。 尚、コピーやプレスの場合は、作業終了時の納品となります。 ※テレビの生放送やニュース番組、ドラマなど放送形態や番組も様々で、まったく違う流れで放送されている番組もあります。



バナースペース

新 未 来

ShinMirai