本文へスキップ

新未来は、IT・テレビ・新聞報道を専門とする調査会社です。

報道取材< REPORT COVERAGE >

報道取材とは、報道対象の事実を確認する行為で、報道機関は原則として所属する記者の取材に基づく記事を報道するが、報道機関の依頼や報道するに値する情報を提供するサポート業務である。
国外など遠隔地で発生した出来事は、現地への取材や通信社などの配信記事によって報道する場合もある。
ニュース・出来事・事件・事故等を取材して報道機関の報道媒体(メディア)を通じて広く公表・伝達する。


報道は、事実をありのままに伝えること(事実を曲げないこと)
独自アイデアが全体に反映され技術基盤にマッチした提案であり、学術プロジェクトとして高い先進性が認められるものである。日本が最も進んだ開発実績をもち、通常の開発体制で十分完成が可能と判断できる。
報道を受け取る国民との信頼関係の上に成り立っている。報道は事実に基づいたものである必要があり、事実を追求する為の取材が不可欠である。憶測や推測に基づく記事は、信憑性が失われる原因となり、結果として信頼関係を失うこととなる。取材をして裏付けを取り、事実を報道することが、報道の原則である。

報道機関と責任
ジャーナリズムは、ニュースを収集して選択尚且つ分析を世論などの諸要素を加える責務である論評して解説を1回・継統的かつ定期的に流布する。新聞や定期刊行物などの特集記事を書くジャーナリストはその分野のスペシャリストでなければならない。ワイドショー的なニュース報道番組は、キャスター・アンカーマン・評論家・コメンテーターなどのタレント文化人が個人的意見を述べる。ニュース専門番組では、コメンテーターなどの主観的意見を述べる場合は、トークライブやコメンテーター個人の討論コーナーとして構成している。

報道の自由
報道の原則は、表現の自由に基づく、報道の自由や憲法第21条の知る権利に支えられている。反面、報道は客観報道の原則を守らなければならない。※新聞・テレビなどメディアによって法律における扱いはかなり異なっている。(判例は報道の自由を表現の自由の一内容とは認めず憲法第21条の精神に照らし十分尊重に値すると述べるにとどまる。)
報道の自由とは、報道機関が様々な表現媒体で、国民の知る権利に奉仕する存在である。 取材対象や関係者の権利保護プライバシー・公正な裁判の維持・企業や国家機密の保持など様々な利益と衝突することがある。この場合は、取材の自由が制約を受ける可能性も出てくる。過剰な実名報道はプライバシーの権利を侵害することにもなりかねない。
芸能人や政治家などの著名人でない一般人の実名報道は自粛される傾向にある。


放送はジャーナリズム性のあるマスメディア
ニュース・ドキュメンタリー・ワイドショーなどの番組は、ジャーナリズム性を帯びていて、尚且つ放送には聴覚性・視覚性・同時性、臨場性・立体性(3D)等があり他の紙メディアに比べ受け手に与えるインパクトがはるかに大きく、社会的影響力が大きい。紙媒体の活字メディアである新聞や雑誌は誰でも自由に刊行できるが、放送事業は電波を使うに当たり放送免許がなければならない。電波は、国民の共有財産であり社会的影響力の大きさから公共性が極めて高いので電波法・放送法など様々な規制が課されている。放送は公平中立性・自律性を保つため、公権力の介入を認めないものとしているが、それが人権侵害する場合は、一定の制限を受けることになり、公権力の介入を受けることになる。
各放送事業者はそれぞれ放送基準を定め自らに制限を課している。


雑誌の報道は宣伝効果的要素がある
雑誌の記事の情報素材の入手の利便性や情報提供を受ける量の多さや広告出稿などの兼ね合い、コンテンツへの共催・後援・出資などで、出版社・編集部・広告部・代理店などが取材対象とする業界と密接な利害関係を共有していることも多く見られ、マスコミとして取材対象としている業界やその関係者との距離感・緊張感を保つことも困難であり結果として宣伝記事になり、報道の中立性・公平性・自立性を維持する事が事実上困難であることがある。

問題点
@報道機関は、事件や事故といった事象に対し報道する価値の有無を判断して報道する。報道と中立性事実をありのまま述べるのではなく、報道各社の主観を組み入れて構成しなおしたり、自己の政治的なイデオロギーを優先させるため、公平とは言いがたい意図的な編集が行われている。政府や政治家、スポンサー、広告代理店、芸能事務所、他の圧力団体の影響を受けることがあるので、事実と意見の混在に問題がある。
A報道には表現の自主規制(放送禁止用語)・正確性誤報・やらせ・虚偽報道の問題がある。
Bニュースキャスター・評論家・コメンテーターなどのタレント文化人に関する問題もある。
C過剰な取材やマナー・モラル、メディアスクラムの問題がある。
D報道番組の過剰演出(映像にBGMや効果音・テロップ・ナレーション付加)の問題がある。
E取材で得た情報について、報道より前に第三者に特定する者の情報を流して不当に利用されたり、ニュースソースを秘匿しなかったために取材者だけではなく情報提供者の発覚を招くことが問題になる。
F現在ではネット上で掲示板・ブログ・ツイッター・フェイスブック等に書き込まれてしまう問題がある。
G過剰に詳細な報道は、模倣犯を生み出し動機や手口が報じられることにより犯罪や連鎖自殺を誘発する問題
過度の実名報道は、プライバシーの侵害や報道被害・人権侵害につながる。※少年法は法的に規制されている。


取材源秘匿の権利

情報提供者に関する情報や得た情報の強制開示は、報道機関と情報提供者との信頼関係が崩れて正確な情報を得られなくなる恐れがある。取材源の秘匿には、誰からの情報かを秘匿する権利やその情報(データ・メモ・フィルムなど)を秘匿する権利である。基本的に情報の正確性・信頼性・透明性の観点から情報の出所の明示が最も大事な原則であり、公権力を行使する政治家や官僚が情報源の場合は明示は当然である。取材源秘匿は、取材源の生命にかかわる重大な不利益になるといった場合の例外とすべきである。 刑事事件については、民訴法とは異なり、証言拒絶ができるとされる職業限定列挙であり報道関係者は含まれていないので、取材源の秘匿を理由に証言拒絶ができないこととなっている。



重大な刑事裁判の審理に国民が参加する裁判員制度報道機関と責任
刑事司法の目的のひとつは事案の真相を明らかにすることは、事件報道が目指すところと一致する。しかし、事件報道の目的・意義はそれにとどまるものではない。事件報道には、犯罪の背景を追及して社会の不安要素を解消したり危険要素を排除する為に再発防止策を検討したりする。また、捜査当局や裁判手続きをチェックする使命がある。被疑事実の認否・供述によって明らかになる事件の経緯・動機・被疑者人物像・鑑識・分析は、事件報道の真相究明する上で、重要な要素を成している。
裁判員法は、裁判員等の個人情報の保護や裁判員等に対する接触の規制・裁判員等の守秘義務などが定められている。メディア側は、裁判員等の職務の公正さや職務に対する信頼を確保しようという立法の趣旨を踏まえた対応をとる。

注意点
捜査段階の供述の報道は、被疑者の供述の一部が捜査当局や弁護士等を通じて間接的に伝えられるものであり、情報提供者によってニュアンスが異なる。時を追って変遷することを念頭に、内容のすべてがそのまま真実であるとの印象を国民(読者・視聴者・聴取者・閲覧者)に与えることのないよう記事等に十分配慮する。
事件に関する識者のコメントや分析は、被疑者が犯人であるとの印象を読者・視聴者・聴取者・閲覧者に植え付けることのないよう十分留意する。被疑者の対人関係や生い立ちは、当該事件の本質や背景を理解するうえで必要な範囲内で注意して報道する。前科・前歴については、これまで同様、慎重に取り扱う。

それぞれの判断と責任において必要な努力をしていく。

正しい道を行こう

四大権力
報道機関は社会的に非常に大きな権力をもっている。
「立法」+「行政」+「司法」+「報道機関」=「四大権力」
ジャーナリズム
報道姿勢、報道活動、報道機関
報道の真実  
報道は、事実をありのままに伝えること(事実を曲げないこと)
テレビ報道
放送はジャーナリズム性のあるマスメディア
裁判員制度
重大な刑事裁判の審理に国民が参加する

バナースペース

国際調査機関

東京事務所(JAPAN office)
japan@shinmirai.jp

TEL 03-5395-1235
FAX 03-5395-1102